« 肌 | Main | そして・・・ »

低く通る声
留守番電話残してた懐かしい声
繰り返し繰り返し再生しては
切なくて涙が溢れた
答えるはずのない声
Sさん、
何度も何度も呼びかけては
沈黙に涙が零れた
もう一度声を聴かせて
さよならでもいい
最後に・・・・

|

« 肌 | Main | そして・・・ »

恋愛」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference :

« 肌 | Main | そして・・・ »