« June 2006 | Main | August 2006 »

ここにある温もりと・・・

おなじだけ愛せれば それは平等になるの?

おなじだけ愛してもらえたら 不安は消え去るの?

愛することに完全な形はないから

きっとおなじだけ、なんてことはなくて

たとえばそれが限りなく近いものだとしても

お互いがそれぞれ解り合えない不安や焦りを

綺麗に消し去るなんてできないんだと思う

たとえば神様があなたの永遠の愛を約束してくれても

それはきっと創られた中身のない硝子の球体みたいなものだから

今、こうしてあなたが抱きしめてくれるぬくもりは

わたしの体も心も温めてくれている

今、こうしてあなたがくれる優しいキスは

わたしをとても幸せにしてくれる

キセキよりも大切なものがあることに

ふたりで気づいて歩き出せたら

いつかふたりで新しい何かを作り出せるときがくるかもしれない

| | Comments (2) | TrackBack (0)

羊をかぞえる

眠れない夜 羊を数える
無表情に羊は柵を越える
軽やかに軽やかに

越えることができないわたしは
こちら側で不眠の海に蹲る
消えてく羊の数だけの
涙を海に落としながら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1year anniversary

であった夏がくる
あれから一年
いろんなことがあったよね
流した涙がたとえば小さな池を作れるくらいだったとしても
あなたと過ごした時間が宝物みたいに思うよ
あの日初めて会った日のあの花火みたいに
ただ毎日は綺麗で煌いて花咲かせてはくれないけど
線香花火
そうそんなかんじ
華やかさはないけれどきれいだよ
好きなんだ
ねぇ知っていましたか?
今でもあなたとkissするとき
壊れそうなくらい心臓が跳ねていることを
今でもあなたに抱きしめられたら
倒れそうになるくらい息が苦しくなることを
今年の花火は晴れるかな
ふたりであと何度この日をすごすことができるのかな
とにかくあのときには思ってなかった一年目
一緒に迎えることができてうれしいよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

強い心のマニュアル

好きになり過ぎる

わたしの欠点

何も見えなくなる

彼以外は

失くしたら心に穴があくのかな

彼しか見てないわたしは空洞になるのかな

ただの入れ物でただの人形

何だかそれって悲しくて頼りない

それでも生きていこうと思ったら生きていけるんだよね

だったらちゃんと強くなる根っこはあるってこと

水の場所がわからないだけ

水のあげ方がわからないだけ

強い心の育て方がわからないだけ

だけど、そんなマニュアルないから

自分でイチからマニュアル作らないといけないんだね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »