« 記念日 | Main | 不安のない夜のために »

小さな欠片

Dn00015_s_1


朝早く歩く海辺はとても寒くて
思わずコートのポケットに手を突っ込んだ
まだ誰もいない浜辺は波の音だけが響いて
映画のワンシーンのようだと思った
風が髪を掬い上げて通り抜ける
目を閉じて思い出すのは夏の午後
手を繋いで波に揺られた
降り注ぐ日差しは強くて優しくて
幸せな永遠を約束してくれるような気がしてた
--夏が一番好きなんだ
彼の声が聞こえた気がした
苦手な夏を好きになれた瞬間
波打ち際砂はさらさらと攫われてゆく
少しずつ少しずつ話すことがなくなって
笑いあえる時間が減っていって
触れ合うことさえなくなった
崩れてゆく砂の城みたいに崩壊する絆
寂しいよって言えばよかったね
抱きしめて欲しいよって言ったらよかったね
手を離さないでって言えたら違ってたかな
振り返っても時間までは戻らないのにね
帰ってベッドに潜り込もう
目を閉じて無理やりにでも眠りに就こう
まだ消えてない小さな欠片を抱きしめて
逃げないように・・・

|

« 記念日 | Main | 不安のない夜のために »

恋愛」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小さな欠片:

« 記念日 | Main | 不安のない夜のために »